田舎と都会でのコンビニバイト経験談

田舎と都会でのコンビニバイト経験談

実家(田舎)と都心でのコンビニバイト、両方を経験しました。まず田舎のコンビニバイトですが、結構楽なイメージがあると思いますが意外にそうでもなくどちらかというと忙しいです。

 

やることは色々とあります。お客さんがこなくても清掃や品出しなど、様々な業務がありますので暇な時間は意外と少ないです。

 

また都心のコンビニバイトはかなりハード。田舎で働く以上の辛さを体験しました。まず来店数が桁違い。

 

田舎のコンビニの何十倍とお客さんが来ます。なのでテキパキとレジの作業など、あらゆる作業を効率よくしないと厳しいのが現状。

 

忙しくなると自然と平常心が失われる傾向の人にとっては、かなりキツイのでは、と感じました。

 

ですが時給は都心の方がかなりいいです。時給1000円以上なんてザラにありますし、田舎より時給については優遇されているのは良い点。

 

でも都心で時給1000円貰っても物価が高いので、ひょっとしたら田舎のコンビニバイトの方がいいのかもしれないですね。

 

私自身はどちらかというと忙しいのが好きだったので、都会でのコンビニバイトは辛かったですが働き甲斐がありました。

 

ちなみに良く友人から「コンビニバイトをしているのだったら、廃棄される弁当を持って帰ってきてくれ」と言われたことがありましたが、基本廃棄処分の商品について貰うことはなかったです。

 

私の勤めていたコンビニはかなり厳しい店舗で、貰えるようなことは一切ありませんでした。「絶対にダメ」と言われてましたので。

 

他の口コミを読む

やりがいを感じれたコンビニバイト!

 

細かい仕事が多いコンビニ!

 

覚える事が多かったけど今はいい思い出

 

深夜は色々と対応が大変だった

 

友人と一緒に頑張った朝のコンビニバイト

 

主婦がコンビニのバイトにチャレンジ!